indeximage

【雫石町支援】二次評価報告会に参加しました


雫石町の政策評価推進チームによる事務事業二次評価報告会が平成22年8月18日に開催され、鎌田理事長がコメンテータとして参加しました。

雫石町の政策評価推進チームは、各職場から推薦された20名の職員から5つのチームが置かれています。7月16日〜8月13日の短期間で各チームではそれぞれ10事業の二次評価を行っています。ご苦労様でした。

鎌田理事長からは、次のような評価全般と各チームの評価結果に対して講評しました。評価全体に対しては

  嵒床膳覯未箍歛蠅亡陲鼎い寝善になっていない」という指摘が各チームからなされているが、この視点は非常に大切である。二次評価を通じて、改善の質を高めていくことを目指して欲しい。

◆”床船掘璽箸竜載に対して判りにくいと感じた部分があったと思うが、担当課が日ごろ考えていることを文字化することは難しい。ロジックがきちんとしていないと、説得力が全くない評価シートとなってします。目的・手段・対象者などが適切に把握することは評価の基本である。

【参考】
二次評価に先立ち、研修会を開催しましたが、その資料を添付しますので興味のある方はご覧ください。








日付:  2010/8/31
カテゴリ: お知らせ
本記事のURLは: http://policy21.jp/modules/xfsection/article.php?articleid=31